読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sentimental boysという音楽アーティストについての紹介

Sentimental boysとは、日本人の男性四人で構成されたロックバンドです。ご存知でしょうか?
全員が長野県上田市出身というこちらの音楽アーティストのメンバーは、数度の交代を経て2012年の本格的な活動の開始を迎えました。
まずは現在所属しているメンバーについて紹介しましょう。
ボーカルとギターの担当は上原浩樹です。
Sentimental boysにはもう一人ギターの担当が所属しています。これが堀内拓也です。
ベースは櫻井善彦、ドラムは藤森聖乃です。
先ほども述べた通り、こちらの音楽アーティストは2012年に活動を本格的に開始しているのですが、1stフルアルバムを全国リリースしたのは2015年9月9日のことでした。
それが「Parade」というフルアルバムです。
こちらには「metoro.」「Boredom City Parade」「君しかいない」「青すぎた空」「君と泳いだ日」「ユートピア」「悪い癖は直さなきゃ」「door」「春のゆくえ」「レイドバックな人生を」の10曲が収録されています。
この2015年には、12月に下北沢SHELTERで行なったツアーファイナルでは、ソールドアウトも成し遂げています。すごいですね。
2016年には会場限定EP「グッドバイ e.p.」のリリースも行いました。
同年には地元である長野にも凱旋し、OTOSATAR ROCK FESTIVAL及びりんご音楽祭への出演にも成功しています。
2017年に入ると、2月からはバンドとして初めてのワンマンライブも行います。
東京をメインに長野や大阪、福岡などで開催する予定となっています。
そして4月にはミニアルバム「青春が過ぎてゆく」を全国リリースすることが決定しているのです。
Boredom City Paradeという楽曲の特徴は、ミディアムテンポな中に見られるエモーショナルなうねりの渦巻きであると、紹介されています。
「誰の心にも存在する原風景のような懐かしい景色と色彩を映す」ことを理想としているのです。