読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正直な表現

こんにちは!!
インディーズバンド好きの者です。最近は「ラスターレイク」というバンドに首ったけです!!インディーズバンドが好きと言うと「どうせ売れた時に、インディーズの時の方が良かったって言いたいだけだろ」と良く人に言われます。映画化した時に、原作の方が良かったって言う人と同じですね笑

確かに、ミーハーで知ったばかりの人より長く応援して知っているところを周りに誇示したいという気持ちがゼロかと言われれば嘘になりますが、私がインディーズバンドを好きな理由は「正直な表現」だからです。

昨今、CDやアルバムが売れない時代ですのでレーベルは少しでも「売れる音楽」を欲しています。ミュージシャンの方もそれを強いられていることでしょう。それはそうです。レーベルだってビジネスの一面も当たり前にあるので、多額の宣伝費をかけて大コケでもされたらただの赤字です。しかし、営利目的に走りすぎた音楽は、大衆向けになったり、手法が均一化すると思います。

私は、はっきり言って万人に刺さる表現なんてつまらないと思っています!!
でも、ミュージシャンの方にも生活があったり、様々な大人の理由で、本当にやりたい音楽よりも「売れ線」の音楽に寄せなければならないこともあると思います。

それが悪いことだとは決して思いません。やりたい音楽と売れ線の音楽の折り合いをどこにつけるのか!その葛藤で悩んでいるミュージシャンは多いと思います。

ただ音楽好きからすると寂しさを感じたりするんです。

そんな中、やはりインディーズの方はよけいなしがらみとか、売上よりもまず「この音楽良くない」という、純粋でストレートな表現に私にはみえるんです。

表現は自己紹介だと私は思っています!ミュージシャンの方は音楽というツールを通して「私はこういう人間なんです」と叫んでいるんだと思います!
そして自己紹介なのだとしたら、やはり余計な打算があるよりも「正直な表現」の方が私は好きです!!

偉そうに長々とすいません!!お前誰だよって話ですよね笑
今、私のイチオシの「ラスターレイク」も今後音楽業界でどういうキャリアを積んでいくのか、楽しみです!!インディーズであろうとメジャーであろうと自分たちに正直な表現を貫いてくれたらファンとしては嬉しいものです!!!

広告を非表示にする