読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽アーティスト小玉ひかりの紹介と歌についての話

音楽アーティスト小玉ひかりは、高校生として学業をこなしながら、東京都内を中心にピアノ弾き語りとして活動しています。歌の中に自身の気持ちを込めて歌っていると評判を得ている音楽アーティストです。SNS内で頻繁に日々の生活のことを報告しているので、活動内容を知るきっかけに便利です。主に楽しいと感じやすい書き込みが多いことから、日常生活は楽しく過ごせていると判断できます。学校内に関する話は少ないですが、学校にスマートフォンを持ち込み投稿するのは難しいことから、仕方がない面もあると言えます。あと、ピアノを弾いている動画を頻繁に投稿しているため、技術の進歩はそこで見ることが可能です。動画の投稿初期は新人の範囲を出なかったですが、時間が経過するごとに腕が上達しているので、聞きやすいピアノを弾く技術の持ち主に成長しつつあると言えます。それにライブをするとSNSで報告する機会が多いため、毎日元気に頑張っていることがわかりやすいです。なので、今後も応援したくなる音楽アーティストと言えるでしょう。

小玉ひかりがピアノで弾く「スクランブル交差点」は、美しい声と同時に綺麗なピアノ音が響き渡るため、耳に心地よさを与えてくれます。静かでありながら、綺麗な音が常に進んでいくような雰囲気があるので、何度でも聞きたくなる曲と言えます。歌詞も曲に相応しい内容になっていますが、歌の中に含まれる「一人になるのが怖い」と出ている部分は、聞く側に感動を与えてもおかしくありません。そのため、常に聞いていたくなる不思議な魅力のある曲です。

「平日のescape」は、学校生活における日々の日常と、生活を送っている時に感じた気持ちが上手く描写されています。歌詞の内容にコミカルな雰囲気があるため、人によっては爆笑しても不思議ではないです。特に今回の模試は最高点と歌っている部分は、耳に心地よいと同時に面白いと感じさせる何かがあるので、人気が出てもおかしくないです。