読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽アーティスト「アランメンケン」(ディズニー)

アランメンケンをご存知ですか?名前を知らない人は、多いとは思いますが、ディズニーの音楽を語る上ではなくてはならない存在です。

アランメンケンは、アメリカの作曲家です。音楽アーティストと言っても、ジャズとかの作曲家ではないです。

舞台音楽や、ディズニー音楽の音楽アーティストです。

ディズニーの中でも、アラジンなどを担当していますが、ディズニーシーのあるアトラクションのメインミュージックなども担当しています。そのアトラクションについてまずは説明していきます。

ディズニーシーに行ったことはありますか?ディズニーシーのアラビアンコーストにそのアトラクションはあります。アラビアンコーストとは、アラジンのアトラクション、マジックランプシアターなどのテーマポートです。そこにある一つのアトラクション、「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」。ここで使われる「コンパスオブユアハート」。これはアランメンケンさんの手掛けた音楽です。このアトラクションは、ゲストが船に乗り込み、シンドバットと共に本当の宝物を見つけに行くというアトラクションです。本題である音楽について説明します。本当に素晴らしい歌詞なので、少し引用させて頂きます。

青い空高く帆上げて 水平線の彼方をめざせ。

夢のように光煌めく 宝物が君を待つ。

これが最初の歌詞です。シンドバットは、船乗りなので、帆をあげてなどと書かれています。

夢のように光煌めく宝物というのは、後で紹介させていただきます。

次にサビを紹介します。

人生は冒険だ。地図はないけれど。宝物探そう。信じてコンパスオブユアハート。

ここが私はもっとも好きです。そして宝物。それはアトラクションの中でシンドバットも言っていますが、
旅の中で出会った仲間、友達です。

話は変わりますが、このアトラクションは元々「シンドバットのセブンヴォヤッジ」というアトラクションでした。とてもネガティブなアトラクションで、曲も使われていませんでした。当初予定していたよりも人気が出ず、お化け屋敷のような扱いを受けていました。その後新しく作られたのがシンドバットストーリーブックです。

セブンヴォヤッジよりも明るく作られているので、今では大人気アトラクションです。

是非とも乗って曲を確認してください

ちなみに、アラジンのホールニューワールドもアランメンケンさんです。