音楽アーティストが使う機材には意外にアナログな物おある

音楽アーティストは様々な機材を使いこなして、理想の音作りを追及しています。機材と聞くといかにも最先端のエレクトロニクスを応用した物という、技術の塊と言うイメージを抱く方も居られるでしょう。確かに、音楽の機材はテクノロジーの塊であり、最先端技術を応用した物も少なくありません。音楽アーティストの楽曲に与える影響も、大きなものがあります。しかし、それと同じ位重要な物として見られているのが、アナログな技術を使った機材です。

例えば、音楽の世界では真空管が現役で活躍しています。真空管といえば、かつて電子機器に用いられたパーツであり、現在の一般的な電子機器ではほとんど使われる事がありません。どうして真空管の使われる電子機器が存在しているかというと、それでしか出せない音があるからです。

人が音楽に求める物は、興奮であったり癒しであったりと様々なものがあります。この為、曲調によっては最新技術を用いた電子機器に特有の、人工的な雰囲気の音が適さない場合があります。真空管を用いた電子機器で加工した音は、暖かみがあり人の耳に心地よく響くのが特徴です。エフェクターやアンプ等を中心に存在しており、多くの音楽アーティストがこのアナログな技術を用いた電子機器を愛用しています。

真空管を用いたエフェクターやアンプは、今でも音楽の現場の主流であり音作りのベースです。数十年前に確立された物にも拘わらず、現代の音楽を今なお支えているという息の長い物になっています。

現代の技術を用いた機材の中には、こうしたアナログな電子機器の音を再現できるものも登場しています。しかし、音にこだわる音楽アーティストにとっては本物の真空管を使った機材は無くてはならない物です。音楽アーティストは成長に伴って、使う機材を変えていきますが、アナログな技術を変わらず使い続けている高品質な機材が必ず混じっているものです。機材を写した写真や動画を見る機会があったら、機材の裏側等に真空管が見えるか探してみると面白いでしょう。

音楽アーティストに愛用される機材の数々

音楽に使われる機材は時代によって移り変わりますが、現代の音楽アーティストにも当然そのような愛用品という物があります。多くのアーティストにとって必需品となっている機材は、国内外の音楽に大きな影響を与えているものです。

まず、マイクは現代の音楽アーティストにとってに無くてはならない存在です。ヴォーカリストの声を拾うには、マイクを使わなければいけません。また、意外に楽器の演奏にも用いられている物でもあります。アコースティックギターの音を拾う為には小型のマイクが使われる事もありますし、エレクトリックギターの音もアンプから出てくる音をマイクで拾うという事もあるものです。

音源を加工する機材も、現代の音楽アーティストにとって必須の物です。例えば、どんなに品質の良いギターやベースの音も、そのままの状態では素朴な音にしかなりません。この生の音を上手く加工する事で、激しい曲調に適した歪みの大きな音や優しい曲調の音楽に使う柔らかい音にする事ができます。

この他にも、照明や特殊効果といったものも音楽アーティストに必要な機材の1つです。音楽には直接関係の無いものですが、ライブを盛り上げるのには必須の物です。音楽アーティスト自身が衣装を身に纏っているように、舞台の演出は音楽をより楽しんでもらう為に重要な要素になっています。

照明は様々な形で光が使われ、暗闇の中にヴォーカリストやアーティストだけを浮かび上がらせて観客の目を集中させるという使い方がされています。また、間接照明の形にしてブルー系統の光を使う事で神秘的な雰囲気にするという事もあるものです。曲調や場面によって適宜使い分けがされるものであり、単純に強い光で照らせば良いというものではありません。

これらのように、現代音楽には様々な機材が使われています。音楽に直接間接と様々な形で関わり合う事で、1つの作品は1つの舞台ができあがる物です。今や現代音楽は様々な技術が統合された、総合芸術の域に達しつつあると見る事もできるでしょう。

現代の音楽アーティストにとってのCDを売ることの重要性

現代の音楽アーティストにとってCDが売れなくなってきていることが一番の問題といっても過言ではないです。

音楽配信サイトの発展や気軽に音楽をダウンロードできる環境が整ってきていることがCD売れなくなってきている要因の一つになっています。

オリコン音楽チャートで上位にランクインするCDには1つのCDに数タイプあり、タイプごとに違う曲が収録されていたり、DVD付属であったりと様々な工夫がされています。
またアイドルグループはCDに握手券などの特典をつけたりなど音楽をリリースする人たちは試行錯誤しCDの売上を伸ばそうとしています。

しかしCDの売上が伸びないからといって音楽アーティストの影響力やチカラが薄れてきてしまっているのかと問われればそうではないと思います。

CDの売上というのはアーティストや楽曲を比較する指標の一つになります。
CDの売上やランキングを見てどのアーティスト、どの楽曲が人気なのかを判断する人も少なくないでしょう。

売上や人気で順位をつけることは人が見る上で大切なことかもしれませんが、音楽を楽しむ上ではそこまで重要視することではないと思います。

数年前まではCDを購入してパソコンに取り込み、音楽プレーヤーに入れて音楽をきくというのが主流でした。
現在はスマートフォンなどで音楽を購入しすぐに聴くことができます。

また、動画サイトでアーティスト本人が公式にミュージックビデオを配信したりと、CDが売れていた時代よりもより身近に音楽を楽しむことができる時代になってきています。

現代はCDを買わなくてもその音楽が自分の耳に入ってくる機会があるということです。
影響力を与えるという点ではCDが売れていた時代よりも音楽の世界では進化していっている部分であると思います。

現代の音楽アーティストにとってCDを売り上げることは確かに重要です。
しかし、それ以上に音楽が聴き手にとって身近になってきている現代で重要なのは楽曲が聴き手の耳に届く機会を多く作ることであると思います。

音楽アーティストの情報をより深く知る方法

好きな音楽アーティストの情報をより深く知るには、情報源を広げると良いでしょう。例えば、音楽雑誌はアーティストのインタビューや特集がよく組まれているので、好きなアーティストの情報を得るのに良い情報源になってくれます。特定のアーティストの特集本が作られる事もあるので、詳しい情報を知りたい方にとっては見逃せない情報源です。この他にも、意外な所で情報発信が行われる事もあるので情報源はできるだけ広くしておきましょう。

例えば、同じ音楽雑誌でも専門誌を探す方法があります。例えば、ギターの専門誌にお気に入りの音楽アーティストが掲載されていたら、アーティストについてよく知るチャンスです。例えば、ギタリストやベーシスト場合は使用しているギターやベース、採用しているエフェクター等の機材に至るまで詳細な情報が掲載されます。アーティストの愛用品について深くしる事ができますし、自分でコピーバンドを作る際等に、音作りの参考になるでしょう。

インターネットを利用して掲載情報を知るのも、良い情報収集になります。最近、ファンになった音楽アーティストが過去に発信した情報もチェックできるので、音楽雑誌のバックナンバーを購入する際等に役立つでしょう。雑誌自体が販売されていない場合は、古書店を当たるにも役立ちます。書籍を電子図書や紙媒体で入手しやすい方法でもあるので、情報源の1として活用すると便利です。

また、インターネットには音楽アーティストのファンたちが集うコミュニティもあるので、他の方との情報交換の場にできます。アーティストについてまとめられた情報を閲覧すれば、ファンになっているアーティストについてより深く知る事ができるでしょう。逸話の多いアーティストの場合は、様々な情報源で雑多な情報が発信されています。コミュニティには一か所に情報が集中していますし、テレビ等のメディアではあまり語られない意外な一面等を知る機会にもなるので、チェックは有益です。

若いファンが増え続けている音楽アーティスト

音楽というのはその年齢にあったものを聴くというのが基本であり、そのままその音楽アーティストと共に年齢を重ねていくイメージが強いでしょう。中には親子で好まれている音楽アーティストもいますが、現実にはそこまで多くありません。特に、40代の親と10代の子供が同じものを好んでファンになるというのは簡単ではないのです。それはアーティスト自体が年齢を重ねることで、歌える歌の幅が変わってきたり、歌詞の内容が若い世代には受け入れなくなってしまうからと言われています。


しかし、ここ昨今、若いファンが増え続けている音楽アーティストが存在しています。それは、BUMP OF CHICKEN。日本の4人組ロックバンドで、メンバー全員が1979年生まれの幼馴染で結成されています。メジャーデビュー後、セカンドシングルでもあった『天体観測』がドラマ主題歌に抜擢され、一気に注目を集めたバンドでもあります。天体観測は現在もカラオケなどで歌われる歌として有名です。

次々とシングルやアルバムを出し、一気に名前が売れたバンドではあるものの、テレビなどのメディアの出演はせずに製作活動とライブ活動をメインに行ってきました。映画主題歌やアニメ主題歌、昨今ではボーカロイドともコラボレーションするなど幅広い活動を行っています。さらに、2015年には紅白歌合戦に初出演したりとメディア出演も果たしました。また、2016年は結成20周年として幕張メッセでのライブを行っています。

デビューから躍進をし続けたBUMP PF CHICKENは、テレビCM曲などにも起用されることが増え、若い世代にとっても馴染みのある楽曲を提供し続けています。藤原基央が描く世界観に共感する若者が増え、10代のファンもいるというのですから驚きです。彼らは現在38歳ですから、若い人から見ればおじさんバンドなはずなのですが、少年の心を忘れない歌詞に共感する10代が増えているようです。

アメリカの音楽アーティスト Trini Lopezについて

音楽アーティストのTrini Lopezは1937年5月15日生まれのアメリカの歌手兼ギタリスト、かつ俳優です。

1960年代に Pete Seegerの持ち歌であった天使のハンマーを歌い、La Bambaやレモン・ツリーとか待っててシンディなど次々とヒット曲を連発し一躍有名歌手となりました。活動期間は1963年からで現在80歳で動画では健在で新しいアルバムの予告も行っているようです。

最初の天使のハンマーの入った1963年のデビューアルバムはゴールデン・ディスクも獲得しています。父親はメキシコ人で生まれたのはテキサス州のダラス、4人の姉妹と歌手でもある弟がいますが4人姉妹のうちの2人は死亡しています。

15歳のときにバンドを結成しレコード会社とも契約を結び、ソロとしてのレコーディングも行っています。

人気に従って1964年から1971年までにギター会社のデザインも行っていて生産もされています。13のチャートシングルを記録しトップ10シングルを含む15のアダルト・コンテンポラリー・チャートを記録しています。そのころはナイト・クラブへもトップパフォーマーとして出演し、定期的にラスベガスへ出演を行っていました。

編曲者でプロデューサーのドン・コスタによってLAのナイトクラブで歌っていたところを見つけられたとされています。

レパートリーはPete Seegerの曲からスタンダードナンバーまで幅広くこなし、世界的な音楽アーティストとしても認められているようです。

1966年に出されたTriniアルバムは比較的に良く知られたアルバムと思われ5月32日とか Trini's Tune、 Fly Me To The Moon、Call Meといった曲が収められています。動画共有サイトではその当時のperformanceも見られます。

1960年代から1970年代にかけては映画の分野にも進出するようになり、この期間にヨーロッパやラテンアメリカへツアーも行っています。2003年には国際ラテン音楽の殿堂入りを果たし、慈善活動も行っています。

これまでにアルバムも多く出され2011年においては65枚目のものが出されています。

音楽アーティスト世良公則の軌跡と人気の秘密

日本のロックを語る上で、忘れてはならないのが稀代のロック・ボーカリスト世良公則です。1977年、大学の友人たちと組んだロックバンド、世良公則&ツイストで、ヤマハポピュラーミュージックコンテストと世界歌謡祭に出場すると「あんたのバラード」が見事にグランプリを獲得します。その後、プロ志向のメンバーへの交代を経て、メジャーデビューを果たすと出す曲が全てヒットを記録し、わずか1年足らずで日本の音楽会の頂点に君臨することになります。

もちろん、ツイストのメンバー一人ひとりが優れた音楽アーティストであったことに違いはありませんが、何と言っても世良公則のワイルドな歌唱法と、マイクスタンドを使った派手なアクションが強烈すぎるインパクトが、お茶の間レベルにまで浸透したことが、彼らをトップスターへと導いたのです。

「あんたのバラード」に始まり「宿無し」「銃爪」「性」など、日本歌謡界に歌い継がれる永遠の名曲を発表し続けていくのです。また、世良公則は俳優としても「太陽にほえろ!」に1984年から2年間にわたりレギュラー出演を果たします。

それまで、アイドルではない男性ボーカリストの代表格は、沢田研二ただ一人という状況で、世良公則の出現は新たな幕開けを感じさせるには、十分すぎる出来事だったのです。世良公則の出現と前後して、原田真二やチャー、甲斐バンドなどのロック・アーティスト達がヒット曲を連発しますが、世良公則の活躍がなければ、これほどまでにシーンが盛り上がることはなかったかもしれません。

そんな世良公則もデビュー40周年を迎え、ますますロック・ボーカリストとして円熟味が増してきました。世良公則の魅力は、その歌唱法と派手なアクションになりますが、ただ単に叫ぶのでなく、聴かせるところとシャウトするところを使い分け、その楽曲が持つパワーを最大限に活かす唱法へと進化しています。60歳を超えても、なおセクシーな音楽アーティスト世良公則に要注目です。