音楽アーティストの曲がアニメに使われる理由が分かった

最近は日本のアニメが世界的に認められるようになっていますが、アニメの主題歌に音楽アーティストの曲が良く使われるようになってきているといってもいいでしょう。最近では音楽アーティストの曲がアニメのオープニングやエンディングに使われるのは半ば当然のようになってきています。これには、音楽が須原良いということもありますが、音楽の配信をする会社との提携などもあると考えられます。つまり、アニメの制作会社だけの意向ではなく、音楽会社とタイアップをするようなことになるので、より多くの人にアニメを見てもらうことが出来るということになるのです。いわばコラボ効果のようなものが期待できるということがあるのでしょう。

最近は自分は動画投稿をするようになったので、時々コラボなどもするようになったのですが、コラボをすると視聴者が一気に増えるという事を実感するようになりました。コラボをすると双方の視聴者が動画を見てくれるようになるので、一気に視聴者が増えるのです。この効果は実際に自分で感じることが出来ました。自分は普段は動画を投稿すると初日でだいたい500人ぐらいが見てくれるのですが、コラボしたものになると一気に千を超えるようになりました。つまり、コラボをした相手の視聴者も見てくれるようになったというわけです。これで一気に自分の動画のファンも増えたということがありました。

これと同じような感じでアニメのファンと音楽のファンを同時に獲得できるので、こうしたコラボが出来たのでしょう。しかも、音楽を聴くとアニメの期待感がどんどんと増してくるので、音楽は気に入りますし、アニメもより楽しく見られるという、いわば儀式の前のファンファーレのような効果も醸し出したりもしています。アニメが人気となることで、音楽も人気になるということもありますし、その逆もあり得ます。相乗効果でそれぞれを単独で視聴者に出した時よりも、より魅力的なモノとなる可能性が高いので、こうしたことが通例になったのでしょう。

倖田 來未という音楽アーティストとは?

倖田 來未とは京都府出身の音楽アーティストで、2000年代後半にエロかっこいいで一世を風靡した歌手です。現在ではavexに所属しており、飛び抜けた歌唱力と力強いダンスで多くの人々を魅了しています。

彼女はまず、2000年に「TAKE BACK」というシングルで歌手としてデビューします。しかしオリコンチャートでは59位という結果となりヒットとはなりませんでした。そして、2001年にはセカンドシングルとなる「Trust Your Love」を発売し18位を記録します。また2003年には7枚目のシングルである「real emotion」がファイナルファンタジーのテーマソングに起用されオリコンチャートで3位を獲得し知名度が高まりました。その後は順調に作品をリリースしていき、2004年に転機が訪れます。それは11枚目のシングルの表題曲であるキューティーハニーのカバー曲をリリースしたことです。これは彼女が曲に合わせて露出度の高い衣装で華麗なダンスを披露しており、多くのリスナーから反響を得ました。そして、2005年には「butterfly」というシングルをリリースします。これは男性と抱き合っているCDのジャケットやセクシーな教師の格好をして踊るPVなどが評判となり、問い合わせが殺到しました。このころから、彼女はエロかっこいいと呼ばれるようになりました。そして、同年の9月には待望のベストアルバムがリリースされオリコンチャートでは1位を獲得しミリオンセラーを記録する大ヒットとなりました。さらに年末に行われた日本レコード大賞を受賞し、国民的人気番組の紅白歌合戦にも初出場するなど音楽アーティストとして大成功を収めたのです。

その後は2005年から2006年にかけて12週連続リリースというプロジェクトを実施したり、2006年の年末には日本レコード大賞の最優秀歌唱賞を獲得するなどその歌手としての実力が認められました。そして最近では、2016年に47都道府県の横断ツアーを行い無事成功させるなど歌手として存在感を発揮しています。

宇多田ヒカルという音楽アーティストについて

宇多田ヒカルとは作詞作曲を行っているシンガーソングライターで、デビュー以来日本の音楽業界に多大な影響を与えてきた音楽アーティストです。彼女の所属レコード会社はエピックレコードジャパンで、サウンドは主に洋楽を意識したクールなものが多いのが特徴です。

彼女は1998年の12月に「Automatic」という曲でCDデビューしました。この曲は当時15歳という若さでリリースされたのにもかかわらず、独特な歌詞やリズミカルな曲調により多くの人々から反響を得て最終的に200万枚以上のセールスを記録します。そして、1999年の3月にリリースされたアルバムの「First Love」では透明感のある歌声と大人びた歌詞が大衆の心を捉え驚異の700万枚以上のセールスを記録し大ヒットしました。その後は、2001年の2月に「Can You Keep a Secret」というシングルを発売しミリオンセラーとなり、年間シングルランキングでも1位を獲得します。さらに、同年の3月に発売された「Distance」というセカンドアルバムでは1週間で300万枚という売り上げを記録し、最終的には450万枚近くを売り上げました。また2002年には「DEEP RIVER」という3枚目のアルバムをリリースし300万枚以上のセールスを記録し、同年の年間アルバムランキングでは1位を獲得しました。こうして彼女は、日本を代表する音楽アーティストになったのです。

そして2007年には人気ドラマの主題歌である「Flover Of Life」をリリースします。この楽曲はメロディーラインが綺麗なことが特徴で、それにストレートな歌詞が加わっているためとても味わい深い作品になっています。さらに、2016年の4月には「花束を君に」と「真夏の通り雨」という曲を同時に発売し、同年の9月には「Fantome」というアルバムをリリースしました。特にアルバムはオリコンチャートでは4週連続で1位となり、長期にわたってランクインするなど異例のロングセラーを記録しました。また現在でも積極的に音楽活動に取り組んでいます。

 

実力派の音楽アーティストの倉木麻衣について

倉木麻衣とは千葉県の船橋市出身の音楽アーティストで、デビューしてから多くのヒット曲を連発している歌手です。またレコード会社はビーインググループに所属しており、ロックやアップテンポやバラードなど色々なジャンルの曲を歌いこなせる実力派のソロアーティストです。

彼女は1999年にわずか17歳で「love day after tomorrow」という曲でCDデビューを果たしました。そして、この楽曲のクールなサウンドに独特な歌詞がリスナーの反響を呼び問い合わせが殺到しました。またオリコンチャートでは初登場18位だったにもかかわらずその後は順位を上げていき、2位まで上り詰めたのです。さらに売り上げは130万枚を突破し新人としては異例のセールスを記録しました。その後は、3枚目のシングルの「secret of my heart」は人気アニメの主題歌ということもありオリコン初登場1位を記録し90万枚以上を売り上げました。さらに、2000年にリリースされたファーストアルバムの「delicious way」では350万枚以上を売り上げ同年の年間アルバムランキングでは1位を獲得し、音楽アーティストでトップに上り詰めました。

彼女の楽曲はデビューから2002年にリリースされた11枚目のシングルの「winter bells」までは洋楽を意識したものが多く、クールなサウンドが中心となっていました。ですが同年の夏に「feel fine」というアップテンポなポップスの曲を発売し一気に路線変更をします。そして、2003年には「time after time」という古風なバラード曲をリリースし曲の幅を広げていきます。さらに、2009年には打ち込み系のサウンドが中心のアルバム「touch Me」を発表しました。これはリスナーの間で評判となりオリコンチャートで1位を獲得するヒットを記録しました。そして近年ではライブ活動を積極的に行っており、2017年にも地元の千葉を皮切りに全国各地で開催しています。

様々な音楽アーティストのあり方を学ぶ

音楽はいつの時代も多くの人々に必要とされているものです。その音楽を作り出すのがアーティストですが、アーティストとひとくくりで言っても様々な形があるのが音楽業界です。

音楽アーティストといっても現在では様々な職業があります。テレビなどで見かけることもある音楽アーティストもいますし、裏方で活躍している音楽アーティストもいますが、自分もアーティストになりたいと考える場合は、将来どのようになりたいのかしっかりと考えた上で、道を決めていく必要があります。裏方で音楽アーティストと活躍している方の中には、作曲家や作詞家、アレンジャーなどがいます。どちらも現在の音楽にはなくてはならない存在なので、これからも需要がなくなることはないでしょう。

またアーティストが演奏した録音を芸術的にミックスする仕事もあります。ミキシングエンジニアといますが、より良い音を作り出すためには欠かせない職業と言えるでしょう。また音作りから、アーティストの育成まで様々なことを考えるプロデューサーと言う仕事もあります。音楽アーティスト自体がプロデューサーとして活躍する場合もありますが、専門的にプロデューサーとして活躍している方もいます。大切な事は独自の目線で音楽を作り出すと言うことです。現在では誰でも簡単に音楽を作り出すことが可能ですが、本物のアーティストは専門的な知識やセンスを磨く努力を惜しみません。

また音楽性についても常にトレンドを意識しながら学んでいく姿勢も重要になります。それは作曲方法やアレンジだけではなく、楽器の選び方や、録音した音をどう扱うのかなどもトレンドに大きく関わってくるので、新しいものから刺激を受ける事は非常に重要なことだと言えるでしょう。音楽はいつの時代でも多くの人々に必要とされているものです。また機械では作り出すことができない感動を、実現することが出来るのがアーティストなので、この先も活躍する場がAIなどに奪われる心配もないでしょう。

今なお活躍する音楽アーティストのデビュー当時

今なお活躍するバンド形態の音楽アーティストの代表と言えばMr.Childrenでしょう。デビュー当時~黎明期を知るファンは、現在30代後半~40代前半あたりではないでしょうか。青春時代にMr.Childrenの楽曲で育った彼らにとって、初期の頃のMr.Children楽曲には多くの思い入れがあるはずです。メジャーな曲以外の楽曲に焦点を当て、振り返ってみましょう。

1992年に『EVERYTHING』と『Kind of Love』がリリースされます。全体的な特徴としては、透明感のあるヴォーカルの声と若々しいどこか少年の心情を表現するような歌詞、飾らないシンプルな演奏だといえるでしょう。収録曲『CHILDREN’S WORLD』は「秘密基地」「仲間」「大人の声に聞き耳たてて」など、少年の心理を上手く表現しているため、当時少年だった人はこの曲に自分を重ねて聴くことができたのです。イントロの疾走感のあるメロディーを聴くだけで自分が少年だったころの事が鮮やかに蘇ります。『Kind of Love』には、シングルとして出された曲も収録され、売り上げが伸びた事から、たくさんの人が耳にしました。最後の『いつの日にか二人で』は、切ない恋の様子を歌詞にしています。ピアノ基調の演奏で、ヴォーカルの甘く切ない歌声がとても合います。中学生であれば、共感できる部分もたくさんあるので夜中に好きな人の事を思い浮かべながら聴き入ったことがあるファンも多いはずです。当時中学生だった「恋」というものを表現してくれた楽曲だったのではないでしょうか。その他にも『車の中でかくれてキスをしよう』のように、少しドキッとする楽曲や『グッバイ・マイ・グルーミーデイズ』などリズミカルに恋の行方を表現した楽曲もあります。Mr.Childrenこの後、破竹の勢いで活躍し、多くの音楽アーティストに影響を与えていきます。

このように、青春時代によく聴いていたアルバムには当時の思い出も一緒に収録されているのではないでしょうか。仕事や家の事で疲れてしまった30~40代の人は、もう一度あの曲を聴いて少年時代に戻ってみるのもいいかもしれませんね。

音楽アーティストBrian Mayとは

音楽アーティストBrian Mayは一般には英国のロックバンド クイーンのギタリスト兼天体物理学博士として知られていますが、今回はそうではなくて豪州オーストラリア出身の作曲家を取り上げてみます。
名前は余り知られていませんが1979年のMax Maxと1981年のMad Max2といった映画音楽を担当した作曲家というと思い出されるのではないかと思われます。映画自体がリアルでオーストラリアで撮影した際にスタントマンが何人も事故で死亡するなど多くの犠牲が払われて作られた映画とされ、これだけでも話題になったものでした。

音楽アーティストBrian Mayは1934年7月28日生まれで1997年4月25日に亡くなっています。アデレードで生まれ、シニア音楽院でピアニスト、バイオリニスト、指揮者としての訓練を受けました。
1957年にABCアデレードに加わって最高のアンサンブルとして評価されたABCアデレードビッグバンドの形成と実施が求められました。35歳のときにABCのメルボルンショーバンドを手配してメルボルンに移住し、ショーバンドは1969年にラジオデビューを果たしました。
ドラマシリーズのテーマのアレンジが録音され豪州のチャートのトップに上がり10万枚を売り上げました。テレビシリーズで活動した後1984年に映画音楽に彼の関心が集まりました。これまでに30以上の長編の映画音楽を担当して来ています。1997年4月にメルボルンで62歳で死亡しています。音楽原稿はクイーンズランド工科大学に残されていてその写本は国立図書館に保存されています。彼名義のトラスト奨学金南カリフォルニア大学 (USC)で映画批評を学ぶ有望な映画作曲家に提供される為に設立されています。
1975年のエスキモー・ネルの真実の物語から1993年のブラインドサイドまで映画音楽として多く残されています。
特にMad Maxの音楽スコアでは米国ハリウッド映画の音楽とは一味違ってそのリアルかつ重厚感が伝わって来る音作りになっています。