音楽アーティストBrian Mayとは

音楽アーティストBrian Mayは一般には英国のロックバンド クイーンのギタリスト兼天体物理学博士として知られていますが、今回はそうではなくて豪州オーストラリア出身の作曲家を取り上げてみます。
名前は余り知られていませんが1979年のMax Maxと1981年のMad Max2といった映画音楽を担当した作曲家というと思い出されるのではないかと思われます。映画自体がリアルでオーストラリアで撮影した際にスタントマンが何人も事故で死亡するなど多くの犠牲が払われて作られた映画とされ、これだけでも話題になったものでした。

音楽アーティストBrian Mayは1934年7月28日生まれで1997年4月25日に亡くなっています。アデレードで生まれ、シニア音楽院でピアニスト、バイオリニスト、指揮者としての訓練を受けました。
1957年にABCアデレードに加わって最高のアンサンブルとして評価されたABCアデレードビッグバンドの形成と実施が求められました。35歳のときにABCのメルボルンショーバンドを手配してメルボルンに移住し、ショーバンドは1969年にラジオデビューを果たしました。
ドラマシリーズのテーマのアレンジが録音され豪州のチャートのトップに上がり10万枚を売り上げました。テレビシリーズで活動した後1984年に映画音楽に彼の関心が集まりました。これまでに30以上の長編の映画音楽を担当して来ています。1997年4月にメルボルンで62歳で死亡しています。音楽原稿はクイーンズランド工科大学に残されていてその写本は国立図書館に保存されています。彼名義のトラスト奨学金南カリフォルニア大学 (USC)で映画批評を学ぶ有望な映画作曲家に提供される為に設立されています。
1975年のエスキモー・ネルの真実の物語から1993年のブラインドサイドまで映画音楽として多く残されています。
特にMad Maxの音楽スコアでは米国ハリウッド映画の音楽とは一味違ってそのリアルかつ重厚感が伝わって来る音作りになっています。

音楽アーティストはどうやってアーティストになったのか

音楽アーティストになりたいと考えている方は非常に多いですが、常にセンスを磨くために様々な音楽に触れていることが重要になります。どのような音楽でも学ぶべきことがあるので、様々な音楽を聴いて自分の中に吸収しましょう。しかし、どうやって音楽を選んだらよいのか分からない方もいるのではないでしょうか。

そのような場合は好きなアーティストが影響を受けたアーティストをチェックすることをお勧めします。どの音楽アーティストも影響を受けたアーティストがいるものです。好きなアーティストのインタビューなどをチェックすることによって、どのようなアーティストに影響を受けたのか知ることができるでしょう。そこで名前が出たアーティストを自分も聞いてみることによって、音楽アーティストの気持ちが理解できたりするのではないでしょうか。それを繰り返していくことによって様々な音楽に触れることができるようになるでしょう。様々な音楽に出会うことによって自分の作品にも深みやセンスが取り入れられていくので、作品の品質も非常に高くなってきます。そこで気になるのがオリジナリティーではないでしょうか。しかしそのような心配をする必要はありません。どのアーティストも様々な音楽に影響を受けていますが、その音楽をどう解釈するのかは、そのアーティストの個性になってきます。それがオリジナリティーとして作品に出てくるので、特に意識する必要はないでしょう。

もちろん意図的に真似をしてしまう場合は批判の対象になる場合があるので注意する必要があります。大切な事は様々な音楽を聴くことによって、自分は何ができるのか知ることです。また何をすべきか理解することによって、作品作りにも大きな変化があるのではないでしょうか。音楽アーティストは普段どのようなことを考えているのか知るためには、そのアーティストのSNSなどをチェックしてみるのも良いでしょう。音楽以外にも様々な影響を受けることが自分のセンスを磨くためにも重要になります。

興味ある音楽アーティスト、12012

私は音楽アーティストにとても興味ありますが、「12012」というバンドに意識を向けています。独特の歌い方や重い音が印象的ですが、そこに知性と狂気が兼ね備わっている様子が特徴的です。どれも強烈な作品だらけですが、インディーズ時代の「12012」はインパクトがあって、かなり身体を張っていました。生み出した作品のベルサレム、ナイトメア、罠、SEVEN、PLAY DOLLsなども爆発的でヘヴィでしたが、ベルサレムのburnは不思議な音で旋律が凄かったのを記憶しています。他のアーティストでは真似ができないパフォーマンスや歌い方、知的で危うい詩がファンを引き付けていたのでしょう。

PLAY DOLLsの最後の曲は本当に矛盾したイメージがありました。作品自体がホワイト、ブラック、グレー、ブルー、レッド、パープルの色を強調していた気がしますが、最後はレッドが濃くなるようなイメージが強かったです。曖昧でも認められない、理想的な結果を望もうとも間に合わない面がある、取り返しがつく一面がある、それでもそこから脱却する歌詞は聞いてから忘れられません。

私は思いました。現在活動休止している12012のボーカルは頭が良すぎるからそこまで表現した、と勝手な判断をしていますが、内容は心理的で裏の裏を返す、リアリティーがあってアグレッシブ、特殊な芸術的表現でファンを魅了したパフォーマンスは他の音楽アーティストとは違った様子は、一目瞭然で分かりました。誰にでもある欲望や狂気をリアルに再現して、結果を出したヴォーカルは才人だと思います。

活動無限休止は残念でしたが、以前のようにインディーズ系の音源を作るか、ベルサレムやPLAY DOLLsのリメイクをして販売して欲しいと考えます。インディーズ時代のPLAY DOLLsはノイズ調がありましたが、更に重みをつけて、最後の曲やメランコリーなどを再現してくれたら、直ぐに買ってしまうでしょう。

ジョン・レノンは世界中で尊敬されている音楽アーティスト

いろいろな音楽アーティストがいますが、ジョン・レノンは世界中で尊敬されている人物です。ビートルズの一員として有名ですが、ソロになってからも素晴らしい作品を作り続けました。凶弾に倒れることがなかったら、現在でも第一線で活躍していたかもしれません。ビートルズの時に一緒に曲を作っていたポール・マッカートニーは、今でも良いアルバムを作り続けています。


ジョン・レノンが音楽アーティストとして、尊敬されているのは歌詞の中で理想主義を表現したからです。例えば、有名な「イマジン」には、国がないことを想像してごらんと歌詞の一節があります。現在社会の状況を見ると、良いものだとは言えません。さまざまな国の利害がぶつかり合って、各地で武力衝突が起こっています。その原因となっているのが自国の利害だけを追求する国の動きで、ジョンの曲はそれを批判した内容になっています。


ジョン・レノンは、多面的なアーティストでした。理想主義的な静かな曲ばかり作っていたのではありません。激しいリズムを持ったファンキーな曲も書いています。もともと熱烈な黒人音楽のファンだったので、彼の音楽のベースにはR&Bがあります。このタイプの曲は親しみやすいものが多くて、チャートの上位になったこともあります。例えば、「真夜中を突っ走れ」がこのタイプの代表曲の一つです。


ジョン・レノンの曲の中には、率直に自分の内面を表現したものもあります。それらの曲は重い内容を持っており、メロディーは物悲しいところがあります。彼のように率直に自分のことを表現した音楽アーティストは少ないです。幸せな幼年時代を過ごしたとは言えないところがあり、そのことを歌ったのが「マザー」です。この曲は親しみやすいとは言えませんが、一度聞いたら忘れられない印象を残します。子供の時に母親に捨てられた苦しみを歌った曲で、聞いているとジョンの悲しみが真っ直ぐに伝わってきます。ジョン・レノンの曲は、これからもポップミュージックの名作として聞き継がれていくでしょう。

音楽アーティストとして生活が成り立つのか

世の中には多くの仕事がありますが、その中でも憧れる方が多い仕事として音楽アーティストが挙げられるのではないでしょうか。音楽という楽しいツールを使い、自己表現を行う事でお金が得られるならそれは素晴らしいことでもあります。それで成功している人の例はたくさん見ているはずなので、自分にもできるのではないかと思う事も多いでしょう。


しかし、誰もが生活が成り立つほどの収入を得られるのかというと疑問です。目指している方はたくさんいるけれどもそもそもデビューできる人は少ないですし、その後売れ続けて行けるかという事を考えると難しいということが推測できます。もし目指す場合はこうした現実に向き合ったうえで、現実的に収入を得るすべを持っておいたほうが良いでしょう。


例えば、音楽アーティストとしての活動とからめた形で収入を得るなら、音楽教室で教える仕事をするなどという形で別途収入を得ていくことができるでしょう。少しでも多く音楽の世界に身を置きたいという場合にはとても取り組みやすい仕事であるといえます。もちろん教えられるだけのスキルがあることが必要ですから、技術を磨き、知識を付けていくということが大切です。


そうでない場合は別の仕事を行うということになります。もし音楽アーティストとしての活動が忙しくなった時に仕事を辞めたとしてもまた復帰できるように、しっかりしたスキルを身に着けておくとよいでしょう。資格がないとできない仕事などで、資格を取得しておくと仕事探しもしやすく有利になります。


たとえ音楽の道をあきらめたとしても、別の仕事で活躍できるようにしておく必要があります。音楽は趣味としてつづけ、仕事は仕事で打ち込むという事も考え方の一つでしょう。もちろん成功できるように頑張ることは必要ですが、それが自分の力だけでは難しい以上、音楽のほかに自分のできることを探し、必要な力を付けていくという事も重要になるはずです。

好きなの音楽アーティストについて考えてみる

最近はとても趣味の音楽が充実しています。音楽アーティストについて考えるのがとても楽しいです。日本の音楽アーティストも海外のアーティストも大好きです。最近はとてもクオリティの高い音楽を作る方がとても増えているなと感じます。ひとりひとりの完成度が、すごく高いから何回繰り返し聴いていても飽きないし好きでいられると感じます。こうして好きなアーティストが増えていくのはとても嬉しいことですね。そんな中で私が最も注目しているのは米津玄師さんです。元気の良い曲も、少し切ないバラードもとても良いですし、一緒に公開されるプロモーションビデオも雰囲気があってとても美しいです。聴いたからもういいや、ではなくてもっと聴いていたい!という気持ちにさせてくれる音楽アーティストですよね。私は基本的に邦楽が好きですが、近頃は洋楽も良く聴くようになりました。マイナーからメジャーまで本当に色々ですけれど、日本のアーティストとどこか雰囲気が違うのはそれぞれの国民性が良くでていのかなと感じています。勿論、AKB48みたいな可愛くてポップな女の子たちも勿論素敵ですし、個性的な海外アーティストもすごく大好きです。


すごいなと感じるのは声だけでなくファッションや性格までとにかく彼等が良い意味で商品であるということ。プロ意識がすごいですよね。だから音楽だけでなく、アーティスト自身もすごく気になってきます。そういうファッションへのこだわりであったり、前向きな性格は自分に何かあった時のひとつの指針になるんです。アーティストたちの音楽にあるように、悲しかったり辛かったりしても彼等のように前向きでいよう、とか悲しい時は悲しいなりに過ごす方法だとか本当に音楽から、そしてアーティストからたくさんの事を学べているんです。これからもたくさんのアーティストをチェックして良い所をたくさん吸収しながら、音楽と一緒に日々の生活を楽しんでいきたいです。

詩の中に見える言葉を紡ぐ音楽アーティスト

詩人は限られた言葉の中で端的に物事や事象を語り、シンガーは歌うことで詩を紡いでいきます。

音楽アーティストと詩人の共通点は多々あるものの、韻を踏むことでのリズミカルな響きは詩人の言葉の選び所です。文学的に言葉を並べても歌うことは難しく、シンプルな単語を読み続けても意味を探ることは難しいはずです。シンガーソングライターの作詞方法はアーティストにより千差万別で、どれも個性にあふれています。

アーティストは常にピュアな感性を持っていて、創作意欲に満ち溢れています。才能を磨き上げれば、パソコンの前に座っただけで言葉が奔流のようにあふれ出して、ひとつの詩が出来上がります。音楽アーティストにとっての言葉は歌えることに必要な言葉です。それでも60年代のフォークシンガーは難解な語句を選び、世の中の不幸や平和や愛の歌を歌い続けました。名曲の数々にも多くのジレンマが潜み、時とともに色褪せたり忘れ去られたりする曲もあります。スタイルを貫くのは難しいことですが、様々に変貌を遂げて伝説と化すミュージシャンもいます。どのような状況であっても、歌い続ける姿勢を崩すことができないのがシンガーです。空想や創造や幻覚、現つから逃避する文学も成り立っていますが、演奏を続けながら旅に出るミュージシャンは広い世界を目の当たりにします。

詩人も旅に出ることで広い世界を見聞し、新しい言葉を見つけるのです。文学において詩の世界は様々な解釈ができる自由な世界です。この自由の世界に曲がつくことで、言葉は翼をもって自由に飛び回ることができるようになります。アーティストの解釈で言葉は明るくもなり暗くもなり、同じ言葉なのに楽しくなったり悲しくなったりするのは、作者の優れた創造力の成果です。伝説のアーティストが、今なお現在の世界で異彩を放ち続けることができるのは、言葉を疑わなかったことの結果なのです。多くの人々は名曲の言葉がどのように選ばれたかを考えもせずに、聴いたり歌ったりできるのは、そのアーティストの才能によるものなのです。