アイドルの活動を支える音楽アーティストについて

日本のテレビで放送される音楽番組では、アイドルもアーティストと呼ばれます。しかしアイドルと音楽アーティストには明確な違いが存在します。

音楽アーティストは自ら作品を作りますが、アイドルはアーティストから楽曲提供を受けて活動しています。アイドルが所属する芸能事務所では、自前のアーティストを抱えてアイドルのために楽曲制作を行っている事例が見られます。

 

このタイプの芸能事務所では他の音楽制作会社に楽曲制作を依頼することもありますが、自前のアーティストを抱えることでオリジナリティのある作品を作ることができます。アイドルグループを運営している多くの芸能事務所では外部の音楽制作会社に楽曲制作を依頼するのが通常です。

音楽制作会社では多数のアーティストを抱えており、顧客の要望に応じて様々な作品を作ることができます。外部の音楽制作会社に仕事を依頼すれば、コストを抑えてクオリティの高い作品の供給を受けることが可能になります。しかしその芸能事務所ならではのオリジナリティを考えると、自前のアーティストを抱える方が有利です。


音楽アーティストとアイドルは混同されがちですが、本来は全く別の職種です。例えば素晴らしいバットを作ることを目指す職人をアーティストに例えるならば、バットを使用して優れたプレイでお客さんを魅了することを求められる野球選手はアイドルに例えることができます。バット職人と野球選手の間に上下関係はありません。音楽アーティストとアイドルの関係も同様です。

 

アイドルのパフォーマンスは踊りや歌、衣装、舞台演出など様々な要素で構成されています。それぞれの分野のアーティストからコンテンツの提供を受けるのがアイドルです。さらに提供されたコンテンツを上手く使いこなしてパフォーマンスでお客さんを魅了するのがアイドルの仕事となります。音楽ビジネスの世界でスターとなるには運が必要です。アイドルとは一種のスターですが、多くのアーティストがその活動を支えています。

音楽アーティストに作り上げられたスタイル

ギャロッピングスタイルは低音弦でベースラインを弾きながら、高音弦でメロディーを弾くギター奏法である。もともとカントリー系のギタリストが得意とするスタイルで、これらの奏法はロカビリーのグループのギタリストにも多用されている。ギャロッピングスタイルはコードフォームも右手のピッキングスタイルも複雑で、独特な指使いに辟易とするアマチュアプレイヤーも多い。

 

特殊な双方を完全にマスターすることは至難の業で、長年の経験と練習の積み重ねが必要である。完璧にマスターすることは難しくても、そのエッセンスを取り入れることはそれほど難しいことではない。経歴の長い音楽アーティストは様々なスタイルの奏法を駆使することができるが、それ以上に曲にエッセンスをちりばめるセンスは非常に鋭い。経験豊富なアーティストであれば、ボーカリストやその他のミュージシャンの演奏に独特な彩を加えることができる。ドラムもベースも他のメンバーもいない場面で単独で伴奏をつける演奏は、音楽アーティストにとっての真骨頂である。

 

ミュージシャンはもともと即興演奏において真価を発揮できる人が多く、インプロビゼーションの内容が饒舌であるほどジャムセッション的な演奏においても曲としての完成度を高めることが可能である。音の羅列であるかスケールを披露しているのか、運指だけが異様に速いギタリストがいるが、どんなにスピードがあってもサックスプレイヤーのような滑らかなフレージングでなければ聴く人の心をとらえることは難しいだろう。

 

完璧なギタースタイルは時に独自性を失わせ、聴くものを退屈にさせる。完璧にギャロッピングをマスターしていも、演奏が単調ではそのスタイルが生きてくることはない。あたかも二人で弾いているような演奏は、もしかするとギターを弾かない人には理解できない素晴らしさなのかもしれない。スタイルをテクニックととらえずに表現できることこそが、音楽アーティストが誰にも認められる存在である証なのかもしれない。

音楽アーティストAmadeusについて

ルーマニアは東ヨーロッパに位置する共和制国家で人口は約1904万人、首都はブカレスト公用語ルーマニア語が使われています。現在は共和国という呼び方はされず1989年に独裁政権が打倒され民主化されてからは単にルーマニアと呼ばれることが多くなって来ています。
この国は動画共有サイトを見て回っても音楽アーティストの数が多く、POPミュージックの盛んな国という印象を受けます。


音楽アーティストAmadeus Electric Quartet は女性4人編成の弦楽カルテットです。6歳のころからクラシック音楽の教育を受け、高校以来の友人たちによって構成されポップダンスのリズムで切れの良い、美しい音楽を聴かせてくれます。2000年11月からブカレストを中心に演奏が開始され、50の美しいオリジナル曲、多くのクラシック音楽をテーマにして40以上のカバー曲を含むレパートリーを持って活動しています。デビューから6枚のアルバムを発表しているとされていますが我国ではCDは手にらないようです。しかし動画共有サイトではその演奏を視聴することが出来ます。


バイオリンのAndreeaとBianca、チェロのPatricia、それにキーボードのNaomiからなり、ファッションブランドの広告でも活躍しています。
よく似た編成に英国のボンドがいますが、1年遅れの2001年から活動を始めています。ルーマニアのAmadeus Electric Quartet はキーボード楽器が加わり、しかもヴォーカルを聴かせてくれるのがユニークなところになっています。


ジャズ、ラテン音楽アイルランドルーマニア、ロシア、フォークロア、クラシックなど色々な音楽分野のイベント行事に参加して演奏を披露してくれています。
Hijo de la luna やCarmenハバネラ、2016年にアップロードされた動画ではオーケストラをバックにLalo Schifrinのミッション・インポッシブルといった曲も聴くことができます。

音楽アーティストDusty Springfieldについて

音楽アーティストDusty Springfieldは1939年4月16日にロンドンで生まれました。1960年には2人の兄と共にスプリングフィールズSpringfieldsというグループを結成して活動していました。ツアーで訪れたアメリカのテネシー州メンフィスでモータウンサウンズに感化されたと見られ、その後彼女に大きな影響を与えているといわれています。


1963年にはグループも解散し、1963年からソロとして独立し、ソロ歌手として出発することになりました。I Only Want To Be With You二人だけのデートは全英のみでなく全米でも大ヒットしその後数年間ヒットチャートをにぎわす歌手になります。
1966年You Don't Have to Say You Love Meこの胸のときめきをはイタリアの楽曲であったものがこれをカバーして大ヒットし、我国でも知られるようになりCMでも取り上げられました。


The Look of LoveはBurt BacharachとHal Davidの共作で映画James Bond、Casino Royaleのテーマ曲にもなっていてこれを本人が歌っています。この曲は他の音楽アーティストや演奏家によっても多く取り上げられよく知られています。


1969年に念願とも言えるDusty In Memphisアルバムが発表され高い評価を得ましたが商業的に見ると成功と言えず、その後彼女自身の問題もあってスランプ状態に陥ります。
1986年にPOPバンドのペットショップ・ボーイズの誘いもあってWhat Have I Done To Deserve This?という曲を吹き込むとこれが全英・全米で大ヒットして復活します。1994年に乳がんと診断され1999年にこれが原因で亡くなりましたが、
同年にロックの殿堂入りを果たしています。


ヒット曲としてはSon of a Preacher Manをはじめ多くあり、特にIf You Go AwayやSmall Town Girl 、Chained To a Memory といった曲が収録されたThe Look Of Loveアルバムは良く知られています。

バンドブームの草分けの音楽アーティストであるユニコーン

日本の音楽業界が大きな転換期を迎えたのは1980年中ごろのことで、その頃から日本には、それまでにはなかった新しいタイプの音楽アーティストが出現するようになる。それはバンドの一員として活動をする音楽アーティストの増加で、さまざまな音楽ジャンルのバンドがこの頃から日本に現れることになった。彼らの特徴の一つに、自分たちで作った曲を自分たちで演奏するということがあげられ、これは外国のロックバンドのように、自分たちのやりたい音楽を自分で作ることができる音楽アーティストが多く現れるようになったことを意味している。


そうしたバンドの出現によって、1980年代後半から日本では一大バンドブームが起こったが、そうしたブームの草分け的存在になったのが、広島県出身のメンバーで構成された五人組のバンドであるユニコーンである。ボーカリスト奥田民生を中心に結成されたこのバンドは、それまでの日本のバンドとは異なる個性を持っていたことから、デビューしてから徐々にその存在を多くの人に知られる存在になっていく。ユニコーンはボーカルの奥田民生をはじめとしてルックスの良いメンバーが多かったことから、女性ファンにも人気があったが、彼らは人気だけでなく実力も兼ね備えていたことが、その後何十年にもわたって人気を獲得しつづける理由となった。


彼らの特徴の一つに、メンバーがそれぞれ曲を作ることができるということがあげられる。ユニコーンの代表曲はボーカルの奥田民生が作ったものが多いが、それ以外にもキーボードの安部義晴や、ベースのEBIが作った曲の中にも有名な曲がある。また、ユニコーンの曲といえば奥田民生がほとんどの曲でボーカルを務めているというイメージがあるが、実際は他のメンバーがボーカルを担当している曲も多数あり、アルバムにはそうした曲が多く収録されている。ユニコーンは1993年に一度解散したが、それから10年以上経過した2006年に再結成して、現在でも活動を続けている。

スタンダードジャズに見る音楽アーティストのアドリブ

スタンダードジャズで取り上げられる多くの名曲も原曲は非常にシンプルです。わかりやすいメロディやコード進行にジャズ特有のテンションを加えることで、いわゆるジャズ的な響きを得ることができます。曲の素材がブルースであっても非常にジャズ的な響きになるのはこのためです。

ジャズ畑出身の音楽アーティストはスタンダード曲の演奏を繰り返すことでその手法を学んできました。ジャズのしがらみを抜けることでオリジナリティを発見してきたわけです。長いアーティスト人生を続けている人は様々な音楽から刺激を受け、たくさんの名曲を残しています。中には気の迷いが見られる楽曲があっても、ほとんどの曲にアーティスト本人が醸し出すフレーバーを感じることができます。音楽アーティストのほとんどの人が手法はともかくジャズを学んでいます。学んだ知識を拡張してさらに深みを加える人もいれば、まったく表面に出さない人もいます。

ジャズの演奏手法は間違いなくミュージシャンを成長させる要素があり、ジャズの方法論を学ぶことは重要です。ありきたりの演奏の中に自分を出すことは演奏の中で表現するトレードマークです。自分なりの表現ではなく自己主張の強い人は、大なり小なりジャズに傾倒していた時期があったと考えて差し支えありません。ジャズへの傾倒はたぐい稀なテクニックを身に着けるには非常に重要です。ギタリストであれば正確なピッキングを身に着けることは必須ですし、ジャズで頻繁に使用されるアコースティックタイプのエレキギターは弦のテンションも非常に高く、ごまかしのきかない構造になっています。

様々なスタイルの音楽に接した後に自分が見つけた音楽こそが生涯を共にする伴侶になるはずですし、自分が求め続ける永遠のテーマになるはずです。優れた音楽アーティストの表現に少しでも自分にないものを発見したら、時には違った音楽に接してみることが大事です。ジャズを聴くと新たな発見に必ず出会います。

アイドルの活動を支える音楽アーティストについて

日本のテレビで放送される音楽番組では、アイドルもアーティストと呼ばれます。しかしアイドルと音楽アーティストには明確な違いが存在します。音楽アーティストは自ら作品を作りますが、アイドルはアーティストから楽曲提供を受けて活動しています。アイドルが所属する芸能事務所では、自前のアーティストを抱えてアイドルのために楽曲制作を行っている事例が見られます。このタイプの芸能事務所では他の音楽制作会社に楽曲制作を依頼することもありますが、自前のアーティストを抱えることでオリジナリティのある作品を作ることができます。アイドルグループを運営している多くの芸能事務所では外部の音楽制作会社に楽曲制作を依頼するのが通常です。音楽制作会社では多数のアーティストを抱えており、顧客の要望に応じて様々な作品を作ることができます。外部の音楽制作会社に仕事を依頼すれば、コストを抑えてクオリティの高い作品の供給を受けることが可能になります。しかしその芸能事務所ならではのオリジナリティを考えると、自前のアーティストを抱える方が有利です。


音楽アーティストとアイドルは混同されがちですが、本来は全く別の職種です。例えば素晴らしいバットを作ることを目指す職人をアーティストに例えるならば、バットを使用して優れたプレイでお客さんを魅了することを求められる野球選手はアイドルに例えることができます。バット職人と野球選手の間に上下関係はありません。音楽アーティストとアイドルの関係も同様です。アイドルのパフォーマンスは踊りや歌、衣装、舞台演出など様々な要素で構成されています。それぞれの分野のアーティストからコンテンツの提供を受けるのがアイドルです。さらに提供されたコンテンツを上手く使いこなしてパフォーマンスでお客さんを魅了するのがアイドルの仕事となります。音楽ビジネスの世界でスターとなるには運が必要です。アイドルとは一種のスターですが、多くのアーティストがその活動を支えています。